Choose your region, country and language

遠心ファン

大きな速度可変範囲を持つ小型、コンパクトな遠心ファン

false

今日の遠心ファンの出力レベルは標準的ファンをはるかに超えています。ebm-papstの著名なACファンは、直流電源のないあらゆる所で使用されています。

さらに詳細を表示する

この製品シリーズには現在、直径97 mmから225 mmまでの7種類のサイズ、220 から1,600 ㎥/時までの風量、および1,200 Paまでの最大圧増加を達成するモデルが含まれます。これらの数値には空力学的に最適化されたインペラーも貢献しています。すでにこれらはebm-papstによって他の製品に活用されており、また強力なS-Forceシリーズの電子整流式DCモータとの組み合わせに適していることも立証されています。このファンには24 VDCと 48 VDCのバージョンがあります。

   

ダウンロード

カタログ

Compact fans for AC, DC and EC

(版 2016-01-01T10:05:06.000Z) [PDF] 25.86MB

ダウンロード

用途分野

遠心ファンは、比較的わずかな風量で高い圧力増加を必要とする、あるいはファンと空気ダクトの設計に特別な要求がある用途に適しています。これらはさまざまな範囲の冷却にとって理想的なソリューションです。

Electronics cooling

空気流を90度曲げなければならない場合、あるいはコンポーネント、フィルターなどが空気の通路を妨げるものがある場合、遠心ファンは軸流ファンよりも有効です。

遠心ファンでは、空気は軸に沿って、すなわち遠心ファンの駆動軸に平行して吸入され、遠心インペラーの回転によって90度曲げられ、横方向に排出されます。言い換えれば、空気は外側を通ってインペラーから排出されます。これによって空気分子の運動エネルギーがより大きくなり、周辺速度がハブによって制約される軸流ブロワーよりも大きな圧力が得られます。

   

サポートが必要ですか?

ebm-papstの換気および空調専門家からご連絡を差し上げます。

* 必須項目

換気および空調製品

   

問い合わせ

サポートが必要ですか?ご要望に応じて、ebm-papstのスペシャリストからご連絡を差し上げます。